本キャンペーンの応募は2020年1月31日に締め切りました。当選された皆さまには、賞品を2月4日に発送しております。これをもって、当選者の発表に代えさせていただきます。

日刊工業新聞社より2019年12月に出版された書籍「デジタルファースト・ソサエティ―価値を共創するプラットフォーム・エコシステム」(参考:販売サイト(Amazon)へのリンク)を、第5章を執筆したアーム株式会社より抽選で100名様にプレゼントいたします。

また、著者陣がそろって登壇する無料の出版記念セミナーもご案内いたします。

デジタルファースト・ソサエティ「まえがき」より(抜粋)

昨今、さまざまな企業が、IoTやAIなどの技術を導入・活用しDX(デジタルトランスフォーメーション)の実現に取り組みつつある。

しかし、取り組みが加速する中、IoTやAIなどのテクノロジー面の話題が先行し、ビジネスモデルの具体像をどう描けばよいのか、自社が保有する差別化・優位性はどのように発揮すればよいのか、他社との連携はどのように実現すればよいのかなど、進むべき方向と進め方に悩む企業や実務者は依然多いと考えられる。

本書では、企業がDXに向かう取り組みについて、特に製造業を中心に複数の段階に分けて考察する。

Digital First Sciety_Book cover_large.jpg

【書籍の概要】

  • 出版社:日刊工業新聞社
  • 価格:1800円+税
  • ページ数:160ページ
  • ISBN-10: 4526080268
  • ISBN-13: 978-4526080265
  • もくじ
    • 序章 日本の製造業がDXで目指すべきコト
    • 第4次産業革命をもたらす背景
    • 日本の製造業が立ち向かうDX革命
    • 「プラットフォーム・エコシステム」のビジネスモデル
    • ビジネスモデルの分類と事例の位置づけ
    • モノづくり企業のDXへの取り組み①〜英国Arm:デバイスデータからの価値創出、面倒ごとを引き受けるIoTプラットフォームを提供
    • モノづくり企業のDXへの取り組み②〜東芝機械:顧客価値拡大を目的にIoTプラットフォームを提供し、エコシステムを組成
    • 複数のIoTプラットフォームに参画するアプリケーションベンダーの動き〜ウイングアーク1st:デジタルとヒトの適材適所による「ヒトの価値の最大化」
    • 「プラットフォーム・エコシステム」のビジネスモデル
    • デジタルファースト・ソサエティに向けて

【プレゼント応募要項】

  • 応募締切:2020年1月31日(金)23:59
  • 応募条件:アームからのマーケテイング情報を受け取っていただける日本ご在住の方(書籍プレゼントのお届け先が日本国内限定のため)
  • 当選者数:100名様
  • 応募方法:本ページ右側(スマートフォンなどモバイル端末でご覧の場合は「サインアップ」タブを開いてください)の応募フォームに必要事項を記入し、送信して応募ください。
  • 当選者の発表:プレゼントの発送をもって代えさせていただきます。発送は2月上旬を予定しています。

【出版記念セミナーのご案内】

「デジタルファースト・ソサエティ――価値を共創するプラットフォーム・エコシステム」の出版記念セミナーを東京都港区の六本木グランドタワーで行います。

(一社)クラウドサービス推進機構 の理事長である松島 桂樹、アーム(株)薩川 格広、東芝機械(株) 前原 弘之、ウイングアーク1st(株) 田中 潤、(株)フロンティアワン 鍋野 敬一郎、(株)電通国際情報サービス 幸坂 知樹、(株)東芝 福本 勲の全執筆者が登壇します。ふるってご参加ください。

  • 開催地:東京都
  • 開催日時:2020年2月5日(水)14:30~17:30(開場14:00)/ ネットワーキング 17:30~19:00
  • 受講料:無料
  • 定員:150名
  • 会場:ウイングアーク1st株式会社 本社36F セミナールーム(〒106-6235 東京都 港区 六本木 3-2-1 六本木グランドタワー 36F)

詳細と参加申込はこちらから >> https://info.wingarc.com/public/seminar/view/3859